ベルリッツ 料金も妥当で口コミ・評判通りのレベルが高い英会話教室でした

新入社員の時に少しお世話になったベルリッツ。「とにかく喋り・聞く」スピーキング&ヒアリングを重視したカリキュラムでかなり実践的で良い内容だったので、今回再び足を運ぶことにしました。

 

ベルリッツとは?

ベルリッツは創業150年の英会話学校です。

日本でも40年くらいの運営歴があり、特にビジネスマンからの支持が強い学校です。

日本法人はしまじろうの「こどもチャレンジ」で有名なベネッセの資本になっているため、かなり安定感があります。

私の周りでは英会話教室に通っている人がかなりいますが、ECC外語学院と並んでベルリッツをプッシュする人が多いです。

特に、大人の方からの支持が強く、ビジネスマンには大人気です。

 

ベルリッツの特徴は?

今回は私が住む大阪にあるベルリッツに実際に行って話を聞いてきました。

ベルリッツに訪れるのは、実に6年ぶりですので、特徴などはすっかり忘れています。

改めて、カウンセラーの方に聞いた内容にネットの口コミなども加えてベルリッツの特徴を書いてみます。

 

会話中心の実践型 会話中心に「使える英会話」を身につける

学校の案内パンフレットでも強調されていますが、実際に通用する英語力の養成を目的としています。

カリキュラムは会話を主体としたイメージで、テキスト色の強いECCとはかなり趣が異なる印象です。

ただ、会話主体と言いつつもテキストはしっかりしたものが用意されています。日常で想定されるシーンを題材として文法、英単語がしっかりと身に付くテキスト構成になっています。

そのため、会話以外の要素を身につけたい人にとっても有効なカリキュラムとなっています。

私が見せてもらったものは日本語は一切書かれておらず「ついていけるかな?」と一瞬不安になりましたが、気にする必要はないとのことでした。逆に、テキストに日本語が記載されていると、日本語で理解して覚えてしまうので上達が遅れるとの事でした。確かに納得です。

英語が全くできない人は少し厳しいかも知れないですが、レベルが低めのコースを選べば本当に中学校レベルくらいになりますので、理解できないことはないでしょう。

会話 + 文法 +単語が実践的にどのレベルからでも身につけれる、良質なカリキュラムです。

 

英語以外の外国語もOK

英語のイメージが強いベルリッツですが、以下のような多言語講座も用意されています。

  • 中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、スペイン語、韓国語
  • タイ語、ロシア語、ポルトガル語、オランダ語、インドネシア語など

実に10ヶ国語以上に上り、あらゆる人のニーズを満たしてくれます。

私がカウンセリングに行った際も、隣の部屋から中国語らしき声が聞こえてきました。なお、学校により取り扱っていない言語もありますので、入学前に確認が必要です。

シニア・キッズ・ティーンズなど年齢層とレベルに応じたクラス有

上級者向けの印象が強いベルリッツですが、年齢層やレベルに応じたコースがあります。

例えば、シニア向けの「大人の英会話」

これは平日の昼間にゆっくりと、少人数で受講するグループ式のレッスンで、全くの初心者でも安心して学習できるようです。

キッズプログラムは、4歳から6年生までの年齢層をターゲットに、楽しく遊べるようなカリキュラムになっています。

キッズ系はECCの印象が強いのですが、どうせやるならベリルッツのような体系立てたしっかりした英語を身につけておくのも悪くないかも知れません。

他にも、中高生向けのティーンズコースがあり、読み書き会話をバランスよく習得できるようです。日本の中高のカリキュラムでは役に立つ英語はまず身につきませんので、こちらを併用すると良さそうですね。

とにかく少人数制!

私が最も重要視したポイントがこれです。

ベルリッツは基本的にはマンツーマンを奨励しています

もちろん、グループコースもありますが、それでも人数は2、3名程度です。比較されやすいECCは人数が多い講義が多いのですが、ベリルッツは少人数制を貫いています。

私の経験上、人数が多ければ多いほど自分が喋る機会がなくなり不利になります。日本人同士で英語を喋っても、ネイティブの発音は身につきませんので、やはり外国人講師と自分がどれだけ喋れるかが鍵になります。

私のカウンセリングをして頂いた方も、

「とにかく講師と喋り捲って英語漬けになって下さい」

とアドバイスしてくれました。これが最も英語が上達しやすい要素であり、企業の海外派遣などでも直前に英語だけ喋る環境で英語漬けにして渡航させると聞きます。

 

料金の妥当性は?

ベルリッツの良さは十分理解できましたが、費用対効果の面はどうでしょうか。

入会金:31,500円

教材費:テキストによる(20,000円程度)

マンツーマンレッスン:40レッスン(6ヶ月) 340,000円、60レッスン(1年)491,400円

安いとは言えませんが、キャンペーン中などに申し込むと5%程度値段が下がります。なお、対抗馬のECCより少し高いです。

ただ、実はマンツーマンレッスンの時間単価はECCより安いので、とにかく会話中心の英会話学校に通いたい人にはベルリッツはかなりお得です

 

まとめ

6年ぶりのベルリッツでしたが、改めてその良さを実感できました。

とにかく、実践的な英語を早く身につけたいならベルリッツが最もおすすめです。

投資額はそれなりに必要ですが、きちんと通えば十分回収でき、投資以上の効果が確実に得られるでしょう。

コメントを残す

このページの先頭へ