英語ができる人とできない人の年収差は350万円以上!

英語勉強のモチベーションを上げるために、英語が出来る人と出来ない人の年収の違いを調べてみました。

統計ではネイティブと英語が出来ない人の差が、何と350万円以上も開いているようです。

 

ビズサーチのアンケート結果からの引用

434

転職サイトを運営するビズリーチが年収750万円以上のビジネスパーソンの英語力を調査したところ、英語レベルが高い人ほど年収が高く、年齢が上がるほどその傾向は顕著に高まっていることが分かった。

英語力別の平均年収をみると、ネイティブが1354万円、ビジネスレベルが1174万円、日常会話レベルが1037万円、基礎会話レベルが1003万円、英語を話さない人が976万円。ネイティブと英語を話さない人では378万円の差となった。

また同社が運営するサイト経由で転職を成功した人の約8割が日常会話レベル以上(ネイティブ5%、ビジネス会話レベル50%、日常英会話レベル22%)だった。

 

うう~ん、何とも衝撃的な結果です。ネイティブと全く喋れない人とで378万円。ビジネスレベルと全く喋れない人とでも198万円も開いています。

まあ、実際のところは英語を使ってどんな仕事をしているかがポイントだとは思います。例えば、大手企業の海外営業企画と小さい英会話学校の講師とでは同じように英語が喋れても待遇は大分違うでしょうし。

ただ、やはり全世界の共用語を使えることで、商談ができる人が1億人の日本人から世界の60億人まで増えますし、当然儲かる機会は増えるでしょう。

私の会社でも、日本語しか話せずかつルーチンワーカーだと年収は600万程度の一定額で止まります。また、ルーチンワーカーは基本的に管理職に上がらないので、そこでキャリアは打ち止めです。

一方、海外事業企画など海外に出向いて大きな仕事をする人はどんどん年収が上がっていき、管理職級になると1000万は軽く超えてきます。

私の会社の中の例だけでも400万円程度開いていますので、ビズサーチの調査は妥当だと思います。

英語ができれば年収大幅アップが見込めるということですね。

 

やはり、インセンティブがないと日々の時間を削って英語を勉強しようなんて思いませんが、これくらいの年収アップが見込めるなら頑張ろうという気にはなりますね。

私の会社でも海外で仕事ができる人はかなり優遇されているので、私もその一員になれるよう勉強していこうと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ