外資系出身者が英会話ができる理由(転職者へのヒアリング)

369_1

外資系企業の社員は英語ができます。

至極当たり前のことを言っていますが、外資系は最初に入社した時は全く英語が出来ない人も大勢います。例えば、日本IBMにTOEIC400点以下で入社する人だっているわけです。

では、その後どうして英語ができるようになっているのでしょうか。それは、ひとえに「環境のせい」と言えます。

 

日常で英語を使っていることの差

外資系企業は入社の時点では英語力を求めない企業が多いです。

全くできないと厳しいですが、大学入試をパスできるくらいの人なら入社試験では能力は問われない、若しくは別の要因でパスできるでしょう。

特に、理系は英語が出来ない人がたくさんいますが、理系の企業、例えば、日本IBM、日本HP(ヒューレットパッカード)などには英語ができない理工系の人がたくさん入社しています。

しかし、そんな彼らでも数年勤務すれば普通に英語ができるようになっており、英語が出来て内資系企業に行った人を追い抜いてしまうことも多々あります。

 

このようになる理由は「日々の環境」です。

外資系に入ると、社内文書が英語だったり上司が外人だったりするので、必然的に毎日英語を読み聞きします。

最初は全く分からない人でも、さすがに毎日見ていれば覚えてくるようです。

当たり前といえば当たり前の話なのですが、逆に言うと日系企業との差はこれくらいしかありません。

 

また、外資系は協業者も外人であることが多いです。

例えば、外資系のメーカーだと、設計を海外に任せることも多いです。その際は、海外の技術者と一緒に仕事をしなければなりません。

私の職場に転職してきた人は、インドや中国の技術者と一緒になって設計をしていたそうです。

日々そんな環境に置かれれば、たとえどれだけ英語が苦手であっても自然と上達します。少なくとも、日常の意思疎通で困るレベルからは余裕で抜け出せるそうです。

 

日系企業出身者が英語ができないのは使っていないから

私の会社はバリバリの日系企業で、仕事で英語が出てくることがほぼありません。

そのため、TOEIC900点超えで入社しても、何年も英単語すら見ない日々が続いてしまい、徐々に英語力が落ちていきます。

結局、英語は日々使っていなければどれだけ能力を伸ばしても活用できなくなってしまうのです。

(以上は、私の会社に外資系から来た人の受けおりです)

英語力は素質も多少は関係してきますが、それよりも使う環境にいるか否かで大きな差がつくそうです。

国内の仕事ばかりの人は英会話教室に通ったり、外人の友人を作って話す機会を設けるなりしておかないとスキルの低下を招いてしまうでしょう。

コメントを残す

このページの先頭へ